FC2ブログ
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール
message

まさきさん

Author:まさきさん
ティアラ兼嵐ヲタでありながらマイペースにブログ更新中。
元々mixiで書いてたのだが、mixiできない人のためにも全体公開の日記が欲しいと思って新しく作成。
ゆっくりしていってね!
コメントはお気軽にどうぞ。
トラックバックの際は一言言ってください。

PS.
当方タメ口・呼び捨てはOKにしてます。
ただし自分もタメ口・呼び捨てしますんでそこを悪しからず。
もし不快でしたら、一言お願いします。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

2018.06.30 嵐のワクワク学校 ~毎日がもっと輝く5つの部活!~ in.東京ドーム VOL.2

さてここから集中、途中息抜きもするかもだけど。


第2時限目 松本潤 生徒:マリウス葉 土をさわる部

マリウス葉「自然を愛しマリウス」
松本潤「最近土を触った人」(まばらにしか拍手してないぞ)

リトアニアに住むスタニスラヴァさんは健康のために土を食べています。
重度の脳腫瘍にかかり余命を宣告されました。だが土を食べて今でも健康に過ごしています。
土の栄養に関することは未だ科学で解明されていません。
ボクは番組(USOジャパン)で共演させていただいだのですが、食べた時に砂を口に入れる感じ「ジャリ」と音がするのです。
そんな土友からメッセージが届いております。
スタニラスラヴァさん「懐かしいわね、土のおかげで健康になって。また一緒に食べたいね。土をプレゼントするから一緒に食べてね」
スタニラスラヴァさんいよると土だけを食べる。他の食材は体が欲していないんだそうです。
相葉雅紀「土が出るのかな」(下水道の授業で察して)
二宮和也「ケンティーが土かどうかだね」

土を食べてみたい、だけど普段の土は衛生上問題があるためおすすめできません。
「ヌキテバ」というお店の料理から土のカルパッチョを食べていただきます。
土は栃木県の鹿沼の黒土。温めて殺菌処理して小石などを取り除く。
「いただきマリウス」
松本潤「土感じます?」
櫻井翔「ジャリジャリしてない」
ただしきちんと処理してた土でないと使えません、そこら辺の土はおすすめできません。
そもそも日本中の美味しい野菜は土から作られます。
日本では江戸時代妊婦の栄養補給に食べていました。ミネラル補給にも役立ったそうです。
また胃腸がおかしくなったら土を食べる動物も居るんです。
土の中のバクテリアが腸内細菌を生かし、アレルギーを予防する効果が得られます。
静岡県で園児たちが泥まみれになって遊んでいる写真なんですが、泥遊びすることで体が丈夫になったそうです。
(この時潤くんは噛んだ)

土を使った遊びを求めてやってきたのは岐阜県にある飛騨高山。
左官職人挾土秀平さん(はさどしゅうへい)に出会う。
挟土さんは様々な作品を作り上げ、大河ドラマ「真田丸」のオープニングも手がけている左官職人。
コテに砂をすばやく乗せる作業。
マリウスくんはあっさりとできたものの少ない。
一方潤くんはゆっくりやるにも不器用すぎる。

土を求め山から掘っていく。近くにある山肌に手をこすりつけると黄色に染まった。
挾土秀平さん「土時代に色があるんですよ。この地球自体に色がある」
次は赤い土を求めて近くの山へ2人で取りに行く。
潤くんに押されてマリウスが落ちそうだ。
土を取りに行ったところで天然の土を使った土壁を作品を見せてもらう。
松本潤「土に見えない」
マリウス葉「さっきあった土のものとは思えない」
挾土秀平さん「土の色は変わらない土の魅力はすごい」

松本潤「教壇で使われているものも挾土秀平さんが作った作品なんです」
ここで色んな色の土を持ってきました。
今日は松島くんと中島くんにやってもらおうかな?
松島聡「じゃあボクはセクシーホワイトで」
中島健人「ボクは赤で」
松島聡「(白土を触って)塩みたい」
色んな土を混ぜてに水を溶き混ぜ合わせて作った土壁。
真ん中の緑色は貴重で、キプロス島にしかないそうです。

光る土バッジの作り方。

材料:粘土質の土 色の土 瓶のフタ トイレットペーパー
用意するもの:ペットボトルのキャップ おはじき ふるい

作り方
① 乾燥した粘土質の土を細かく砕いてふるいにかける。
② トイレットペーパーを水で溶かし土を混ぜる。 ※土がひび割れしにくくなる
③ 瓶の蓋にまんべんなく塗る。 ※真ん中を少しふくらませる
④ 表面を整えながら天日で乾燥させる。 ※ドライヤー使ってもOK
⑤ ペットボトルのキャップの口でこすって表面をなめらかにする。 ※ソフトタッチで。
⑥ 色の土を指で伸ばすように薄く塗る。 ※色の土にもトイレットペーパーを混ぜておく。
⑦ もう一度キャップでこすり表面をなめらかにする。
⑧ おはじきのツルツルした部分や指で磨いて完成。

⑥の工程で潤くんは失敗したことが発覚。どうやら③の工程が難しかったのか失敗してた。
一方マリウスくんのはちゃんとできている。この先輩と後輩の違い何だろうね。
マリウス葉「ボク美術が得意なので」
松本潤「ボクの見ます?」
櫻井翔「私が見てもいいんですか?」

土というのははそもそも長い年月をかけて作られた地球からの贈り物。
最近の子供達は泥遊びをしない、汚いのもでもない。土の中に宝が隠されているかもしれない。だけどボクはこう思います。

『土そのものが宝物である』


第3時限目 櫻井先生 生徒:菊池風磨 ドッジボール部

菊池くん細いなー。
櫻井翔「ドッジボールはやる人によって性格が出るスポーツである。避けまくる人、豪速球投げる人、存在消す人などなど。女子選手はとても貴重で、広い視野と決断力が優れている。また女子選手が居ると男子が頑張れる」
ウォーミングアップリレー対決。
リレー方式でバトンの代わりにボールを投げて渡す競技。
ドッジボールに必要なボールを取る、走る、投げる、反射神経が要求されます。
嵐チーム:ニノ → 潤くん → 相葉ちゃん → 大ちゃん
Sexy Zoneチーム:中島くん → マリウスくん → 松島くん → 勝利くん
松島くんが遅すぎたのかgdgdになりながらも嵐チームが逆転。

ドッジボール=避球(ひきゅう)
イギリスではただ避けるだけだったものの、明治時代に日本に知れ渡りそこからルールが変わっていった。
ドッジボールに必要なのは勇気を振り絞る力。ボールを体で受け止め手で支える。
ワクワクドッジボールマシーンを使ったトレーニングを行いたいと思います。
本日はマリウスくん、相葉くん、勝利くん、櫻井くん
マリウスくん:取れた
勝利くん:受け取れない
相葉ちゃん:近づきつつも取れた
翔ちゃん:2回でOKで70kmでは一発OK、ところが80kmで口に当たってアウト。
ドッジボールに必要なのは助け合い、仲間が当たってもボールが落ちない状態で仲間が取ればセーフ。
※つまり果敢に挑め!ということ。

ここで全国3位の神奈川上溝スーパーファイターズと対戦。
中島健人「sexyに勝ちます」と言ったものの結果やいかに。
アウトになった順番
勝利くん → 大ちゃん → 子供(相葉ちゃん当てる) → 松島くん → ニノ → 中島くん → マリウスくん → 菊池くん
ここで外野の翔ちゃんが中へ。
翔ちゃん → ラストの1秒で松本潤が当てられまさかの全滅。
※いい大人達が情けなくも感じるがこれが現実だ。

上溝スーパーファイターズの人たちは今回の作戦「何も考えてない」と豪語。
子供A「強かったけどまだまだ」
子供B「松本潤が強い」
櫻井翔「かつ5分も残っているからね・・・」

ドッジボールというのは腕の力だけでなくチームワークが試される競技。
歴史を振り返り、最初はボールに当たらないよう避けていた。だが日本で独自の進化を遂げてイギリスルールとは異なる、キャッチしたり避けてキャッチして勝つ。
人生こんなにん立ち向かう勇気が必要とされるもの。どんな困難も勇気があれば乗り越えられる。

『ドッジボールには人生の全てが詰まっている』


これにて授業終わったのはいいけど、やっぱり長いな。とりあえず今日はどこまで続くかなー。

テーマ: 
ジャンル: アイドル・芸能

次へ

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
このブログに何を送る?
レポの補足・苦情はこちらまで。なお関係ないものは送らぬようにw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新コメント