FC2ブログ
デジタル・コルクマ3
コルクマワールド
プロフィール
message

まさきさん

Author:まさきさん
ティアラ兼嵐ヲタでありながらマイペースにブログ更新中。
元々mixiで書いてたのだが、mixiできない人のためにも全体公開の日記が欲しいと思って新しく作成。
ゆっくりしていってね!
コメントはお気軽にどうぞ。
トラックバックの際は一言言ってください。

PS.
当方タメ口・呼び捨てはOKにしてます。
ただし自分もタメ口・呼び捨てしますんでそこを悪しからず。
もし不快でしたら、一言お願いします。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR

2016/06/18 嵐のワクワク学校2016 ~毎日がもっと輝く5つの自由研究~ in.京セラドーム大阪 VOL.3

99.9を見ながらレポート。一番好きなドラマだからもうロスしちゃってるけどね。


第2時限目 櫻井先生 助手:藤井流星 星空の向こうの未来と今を考える

自由研究がテーマですが僕も皆の研究を見ていて思い出しました。僕の自由研究のテーマは星でした。
親に相談して八ヶ岳に行き都会の空に感動したことを覚えています。星空をテーマにより素敵に見える研究を発表します。

櫻井翔「なんで流星になったの?」
藤井流星「お父さんが付けてくれた名前だけど、わかんないです」
櫻井翔「なるほど次いきましょう。じゃこれ言って。流星凄くいい言葉だから」
藤井流星「星と地球は最も離れた場所にある。つまり僕らが目で見えるけど未知なる場所でもある」
明かりが消え、ワクワクドキドキ星空体験スタート。
櫻井翔「では僕と一緒に天体観測の度へ参りましょう。櫻井翔のロマンティック天体観測~♪」
桐山照史「惚れる惚れる」
櫻井翔「惚れていいんだよ」(ファン:キャー)

BGM:Beautiful days
櫻井翔「さぁでは僕と一緒に旅する人は、初回はじゃあドラマ撮影お疲れだった大野さん」
大野智「おうっ」(鮫島零治風)
櫻井翔「社長と一緒に旅します」(村沖舞子風)
大野智「凄いね」
櫻井翔「あっちでございます」
大野智「おう」
櫻井翔「夜道を2人で歩くと、横浜の街を思い出しますね」(世界一難しい恋彷彿中)
松本潤「なんだあれ」
櫻井翔「あっ、見て下さい。あれは流星という流れ星です。知ってますか?」
外周を走る頭に照明つけた助手藤井流星(流れ星役。名前なだけにこれダジャレか?)
櫻井翔「知ってる? 夜も流れているけど、昼間も流れ星が流れているんです。日本でも目で確認できるだけで一日に1240個くらい。世界中で1000万個、また一日に降り注ぐ星は100万回も流れてる。願い事叶い放題ですね」
二宮和也「これ何の番組?」
松本潤「デート? こないだの水曜日に観ましたよ?」
大野智「とりあえず握手」
櫻井翔「世界一難しい授業です」
松本潤「違います」
櫻井翔「ロマンティック!イエー」

3塁側にはくちょう座が作られる。線をタッチパネルで結んで説明。
十字の形がくちばし。このロマンチックポイントは先端の星アルビレオという星です。
アルビレオは遠くから見ると1つに見えますが、望遠鏡で見ると2つになって見えるんです。
これを2重星と呼び、大きな輝きを放っているんです。

大ちゃんに向かって。
櫻井翔「僕たちはアルビレオのように先頭にたってより一層輝いていこうよ」
こうして山コンビはガッチリ握手で対応。
櫻井翔「1塁に映っている星は何だかわかりますか?」
大野智「カシオペヤ座?」
櫻井翔「正解。なんでそう言うかわかる?」
大野智「小学校で習ったけどわからない」

Wの形でしょ、ワクワク学校のW。光り輝く5つの星で嵐みたいでしょ。
実は自惚れ屋。エチオピアの王妃カシオペヤはいつも自分の自慢話ばかりしていました。
ずっと自慢し続けた王妃に神様が天罰を与えました。決して自惚れることなく、奢ることなく、慎ましやかに過ごしていきましょう。

松本潤「社長の対応力凄いな」

BGM:三日月(from.Japonism inst ver.)
櫻井翔「星について学んだあとは月について。絶賛発売中Japonismに収録されています三日月ですよろしくどうぞ。実際の地球と月の関係を説明したいので、中間君に月をやっていただいて、流星くんに太陽をやってもらいましょう」
中間淳太が月なり着替える。藤井流星も太陽役として着替える。
櫻井翔「地球でかっ(きぐるみみたい)こんばんわ地球です。(翔ちゃん背後カメラ視点)私の所から月を見るとどうなるのか・・・あっ、僕のことは見なくていい。月の満ち欠け、僕からだとどう見えるのか」
中間淳太「まぶしーっ」
藤井流星「スマイル」
中間淳太がライトに照らされながら月の満ち欠けを説明に入る。
三日月 → 半月(上弦) → 満月(6/20) → 半月(下限) → 三日月 → 新月

櫻井翔「どうですか大野さん分かりました? 改めて僕が何故、地球の着ぐるみを着てるのか」
大野智「・・・」
櫻井翔「大野さん助けて下さいよ~」
地球のきぐるみを取る。
櫻井翔「(中間淳太に)お戻りいただいても宜しいですか?」

BGM:アオゾラベダル
私たちの日々の暮らし。
1日から始まり、これは1日で太陽が沈む時間を表しています。また1ヶ月、これは月の満ち欠けが29.5日で終わることに由来されています。
Mitaka(天体シミュレーション)一般ダウンロード可能
http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/
Mitakaのシミュレーションで水平線から宇宙に移動します。
僕らが住む地球から月は結構離れてます。390倍まで縮小すると、太陽だけでなく木星や土星が見えてきます。
そして銀河系から更に縮小すると、現在までは136億光年まで確認できます。
この先も広がっているから、片隅に無数にある星の一つ、小さな存在、それだけを考えるだけで日々の悩みがちっぽけに思えたり、心が軽くなったりするでしょう。
大阪の明るい場所からでも10分間夜空を眺めて、目が慣れれば見えてくる。少しでも上を見上げて星空を見て欲しいです。

『星空に思いを馳せればその輝きが明日をきっと照らしてくれる』


いやーこのレポートを書いている時にちょっとしたニュースに戸惑いや混乱を馳せてたりして。
個人的にだけどこの授業が一番分かりやすかった。だけど、明かりが少ないせいで全然メモれてないんだよね。
暗い中で書いたから誤字だったり変に象形文字だったり読みづらかったわ。

テーマ: 
ジャンル: アイドル・芸能

次へ

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
このブログに何を送る?
レポの補足・苦情はこちらまで。なお関係ないものは送らぬようにw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新コメント